比江島慎が直面する試練「自分の役割はチームを勝たせてなんぼ」(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

『日本生命 B.LEAGUE FINALS 2020-21』のゲーム3。宇都宮ブレックスと千葉ジェッツによる最終決戦は、千葉が壮絶なクロスゲームを制し71-62で勝利。3度目の挑戦で悲願のリーグ制覇を成し遂げた。
 歓喜に沸く千葉の選手、そしてブースターの姿と宇都宮サイドの姿は実に対照的だった。中でも宇都宮の日本人エース比江島慎の悔しさは相当なものだったはずだ。

【強豪校の強さに迫る】桜花学園の名物練習 その3 “ファンダメンタル”

 ゲーム1から激しいマークを受け、フィジカルな原修太、サイズと身体能力に勝るシャノン・ショーター、チャンピオンシップで千葉に違いをもたらしているコー・フリッピンら、タイプの異なるタフなディフェンダーに変わるがわるマッチアップされ、なかなか波に乗ることができなかった。
 納得のいかない自身のパフォーマンスだっただろう。ただ、残り2分13秒の場面でフリッピンをかわして決めたバンクショットは「これぞ比江島!」と言わんばかりの見事な一本だった。
 それでも、約23分の記者会見の中で何度も「申し訳ない」という言葉を口にした比江島。自身の活躍に関してのポジティブな言葉は、ついに最後まで出ることはなかった。
 しかし、振り返っているヒマはない。「膝の状態も良かったし、1、2戦目はチームに迷惑をかけてばかりで、最後の第3戦は心の底から楽しめるように、シンプルにやろうと心がけてやりましたし、コーチ陣からも何も考えずにアグレッシブにやってくれという言葉もいただきました。そういうこともあって、確率はよくないけど苦しい場面などでは少し決められた部分はありました。でも、自分の役割というのはチームを勝たせてなんぼだと思う」と比江島。

 個人としてもやり切れなかった上での敗戦を経験したことで、自らの存在意義がより明確になった部分はあったはずだ。比江島慎はこんなもんじゃない。来季はそれを証明してくれると信じている。

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。