【バレー】パナソニックのロラン・ティリ監督率いるフランス男子と5日に日本が対戦(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

ネーションズリーグ2021男子大会は現地6月5日に第6戦が行われる。ここまで5戦を終えて、4勝1敗が6チーム(16チーム中)と上位勢は拮抗。そのうちの一つであるフランスと、日本は5日に対戦する。

 フランスを率いるは、ロラン・ティリ監督。2017年のワールドリーグで優勝、2018年ネーションズリーグで準優勝に母国を導いてきた。

 “旬の選手”の見極めが秀逸で、2017年に次のサイクルが始まってからは、新たに戦力を増強。オポジットのステファン・ボワイエやジャン・パトリ、ミドルブロッカーのバルテレミ・シネニエズらが抜擢され、今や堂々とレギュラーに名前を連ねている。また、試合に応じた選手起用はお手のもの。エースのイアルバン・ヌガペトやセッターのバンジャマン・トニウッティ、リベロのジェニア・グルベニコフら世界トップレベルと称される面々を軸に据えながら、オポジットはパトリとボワイエを併用、息子のケバン・ティリをアタッカーとリベロで兼任させるなど、戦術の幅が広い点が特徴だ。

【広告】


コメントは受け付けていません。