【バレー】東京2020ビーチバレーボール日本代表チーム決定戦男子 石島/白鳥ペアが開催国枠代表に内定(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

東京2020オリンピック開催国枠の出場内定をかけて開催された「東京2020ビーチバレーボール日本代表チーム決定戦」男子大会は6月6日(日)、東京都立川市のTACHIHI BEACHで準決勝、決勝が行われた。
 
 決勝には、準決勝で第1シードの高橋巧(ANAあきんど)/長谷川徳海(愛媛県競技力向上対策本部)ペアにストレートで勝利した庄司憲右(愛媛県競技力向上対策本部・湘南ベルマーレ)/倉坂正人(三菱オートリース株式会社)ペアと、決勝まで失セット0で危なげなく勝ち進んできた石島雄介(トヨタ自動車)/白鳥勝浩(トヨタ自動車)ペアの対戦となった。

 第1セット序盤、お互いにスパイクやショットを打ち合うも、石島の強烈なスパイクで9-4と石島/白鳥ペアがリードを広げる。庄司/倉坂ペアは庄司のスパイクで追い上げようとするが、石島がセットを通して5本のブロックポイントを決めるなど、相手の勢いを止め21-12でセットを先取する。

 第2セット、スタートから石島のスパイクポイントや白鳥のショットを含む4連続得点で石島/白鳥ペアが9-2とリードを広げると、中盤にも連携の取れたトータルディフェンスから白鳥の技ありショットなどで9連続得点をあげ、勢いのままに21-6で石島/白鳥ペアがセットを連取し、大会を制した。

 優勝し、男子選手では初めてインドアとビーチの両方でオリンピック出場内定を決めた石島は「白鳥選手に助けられて、ここまでやってこれた。オリンピックに出場したいという思いで突き進んでいた自分と一緒に戦ってくれた白鳥さんに感謝している。一緒にプレーできてうれしいです」と振り返った。また、2008年の北京大会、2012年のロンドン大会に続き、3大会目のオリンピック出場内定を決めた白鳥は「試合のために準備をしてきたので、勝てたことはうれしい。石島選手の夢であったオリンピック出場の、サポートができたのではないかなと思う」と語った。
 
 東京2020オリンピックでの目標について聞かれると、石島は「目の前の一本や、ひとつの小さいことが勝利に結びつくと思う。一歩一歩、踏みしめながらプレーしていきたい」と語った。白鳥は「強い選手と戦える権利を得たので、今まで経験してきたものを精一杯出せるように準備したい」と話した。

【2日目結果】

■準決勝
#7
高橋/長谷川 ペア 0-2 庄司/倉坂 ペア
(20-22,19-21)

#8
石島/白鳥 ペア 2-0 佐藤/平良 ペア
(21-9,21-7)

■決勝
#9
庄司/倉坂 ペア 0-2 石島/白鳥 ペア
(12-21,6-21)

※高橋巧選手の高ははしごだか

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。