【安田記念】グランアレグリアはアーモンドアイの二の舞か? 一番の逆転候補は4歳馬サリオス(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

昨年の春秋マイル統一王者で、今春のヴィクトリアマイルも優勝した能力値、最高値ともに1位のグランアレグリアが断然1番人気の様相だ。前走のヴィクトリアマイルでは、前々走で芝2000mを使った後の一戦らしく、出脚が悪く、やや追走に苦労し、中団からの競馬になったが、そこから内ではなく、敢えて外に誘導。直線序盤で加速して4馬身差で完勝した。同馬が前走指数は、自己最高指数となる「-27」。前走同様に走れるならば、ここも優勝する可能性が高い。

【安田記念 2021予想】グランアレグリア参戦のマイル頂上決戦!今回は女王危うし?(SPAIA編)

しかし、競走馬は目一杯に走った後は疲れが残り、体調の下降線に入りやすい。昨春のアーモンドアイもヴィクトリアマイルで3着のノームコアに4馬身差の完勝だったが、安田記念では半馬身差まで詰め寄られ、グランアレグリアに2馬身半差をつけられて完敗している。

歴史的に見てもヴィクトリアマイルと安田記念を連覇した馬は、2009年のウオッカのみ。グランアレグリアが勝てば、それ以来となる。強い馬なので無印にはできないが、連覇は簡単ではないことも踏まえて予想を組み立てたい。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。