【エプソムC】東京替わりでパフォーマンスアップに期待 前哨戦分析からの注目馬は?(SPAIA AI競馬)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:SPAIA AI競馬

春の東京G1が終了し、芝1800mという条件設定からも多路線から賞金加算を狙う馬が集まるエプソムC。今年も様々な路線から有力馬が参戦しており、特に4歳勢の登録が目立つ。能力比較、舞台適性、成長曲線など多くのファクターが入り乱れる難解なレースとなりそうだ。

【エプソムカップ 2021予想】アルジャンナ、サトノフラッグら強豪4歳が集結 最も信頼できるのは?(SPAIA編)

【日経新春杯】
京都競馬場が改修工事中のため中京芝2200mでの開催。Aコース3週目で1~2週目のような内有利のトラックバイアスは解消された印象。1月前半は降水量もかなり少なく、やや速めの馬場状態でもあった。レースは前後半1000m60.7-59.2の後傾1.5秒で流れたが、中京競馬場の勾配を加味すれば淡々としたラップに耐えられるタフさが求められたレースだったといえるだろう。

9着馬ヴェロックスは好位で流れに乗ったが、直線は余力なく失速。背中が長く、トビも大きいフットワークで持続力は十分のタイプだけに、まだまだ本調子には戻っていないようだ。

10着馬アドマイヤビルゴはヴェロックスと同程度の位置取りを取ったが、本馬も直線では手応えなく。母イルーシヴウェーヴは09年仏1000ギニーなどを制したマイラーで、本馬のきょうだいも2000m以下で活躍。2200mでのスタミナ勝負は分が悪かった。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。