代表で節目迎えるブッフォンにデ・ロッシが賛辞「特別な場所で20年も。信じがたい」(GOAL)

ローマのMFダニエレ・デ・ロッシがツイッターを更新し、イタリア代表の先輩であるGKジャンルイジ・ブッフォンの偉業を称えた。

日本代表美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!特別編【46枚】

ユヴェントスの守護神は1997年10月29日に代表デビューを飾った。あれから20年の月日が経つが、39歳の偉大な主将は、今もアッズーリのゴールを守り続ける。これまで代表戦は通算173試合に出場。ワールドカップには5大会に参加し、ドイツ大会では王者に輝いた。

現在、34歳を迎えたデ・ロッシも先輩の偉業に敬意を表し、SNS上にコメントを綴った。

「ブッフォンが代表デビューした時、僕は14歳で、ローマの下部組織でプレーしていた。当時、(代表は)実現が非常に困難な夢だった。それから幸運にも長年にわたりプレーすることができた。何だか信じがたいことのようだ。ジジ(ブッフォン)は20年も前から代表にいるなんて、なおさら信じがたい。代表とは、サッカー選手にとって特別な場所。ブッフォンが達成したことは決して真似できるものではない」

コメントを残す