新潟の水野幹太が福島に期限付き移籍「生まれ育った福島でプレーできることに感謝」(バスケットボールキング)

出典元:バスケットボールキング

6月9日、新潟アルビレックスBBは水野幹太との選手契約基本合意と、同選手が2021-22シーズンはB2の福島ファイヤーボンズへ期限付き移籍することを発表した。

仙台が藤田弘輝氏のHC就任を発表「一緒に闘いましょう!」

 福島県出身で現在23歳の同選手は、184センチ83キロのポイントガード。福島南高校から法政大学に進み、特別指定選手として福島や川崎ブレイブサンダースでプレーしたのち、昨年12月に新潟とプロ契約を結んだ。今シーズンは17試合に出場している。

 今回の発表に際して水野は、新潟のクラブ公式HPにて「途中加入という形でもあたたかく迎えてくださったチーム関係者をはじめスポンサー様やブースターの皆様には感謝しています。今シーズンは個人的に納得のいくプレーはできませんでしたが、しっかり福島で成長してまた皆さんの前でプレーできるように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」とコメントした。

 また、加入する福島のクラブ公式HPでは「福島ファイヤーボンズブースターの皆さんこんにちは! 新潟アルビレックスBBから移籍してきました、水野幹太です! また皆さんの前でプレーできることをとてもうれしく思います。自分が生まれ育った福島でプレーできることに感謝し、皆さんと一緒にB1昇格できるように全力を尽くします! 応炎よろしくお願いします!」と意気込みを述べている。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。