【DeNA】伊藤光2年ぶり盗塁、佐野恵太プロ2本目三塁打で先取点「大和さんに打点を抜かれていたので…」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 西武―DeNA(9日・メットライフドーム)

 セ・リーグ最下位ながら、交流戦2位タイのDeNAが初回に3点を先取した。

 先頭の桑原は、西武先発・ダーモディの前に見逃し三振に倒れたが、2番・伊藤光が8球目を中前安打。続く佐野の打席では、19年以来の盗塁となる二盗も決めた。すると、佐野が中堅フェンス直撃の適時三塁打を放って先取点をゲット。佐野の三塁打は、プロ2本目だった。佐野は「打ったのはツーシームだと思います。昨日、大和さんに打点を抜かれていたので追いつけて良かったです」。19打点の大和に、この打点で追いついた。

 さらに1死三塁で、オースティンが中堅左に特大の12号2ラン。交流戦6発目の助っ人は「ヤッタ!! 練習の時から良い状態でした。ランナーを、なんとか還したいという気持ちで打席に入っていました。ストライクゾーンに来た球を、しっかりとスイングすることが出来ました」と笑顔を見せた。

 初回だけで一気に3点を奪ったDeNA。2回に、先発の中川が愛斗に左翼線へ2点適時二塁打を許して1点差に迫られた。

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントは受け付けていません。