【DeNA】12号2ランのオースティンにアクシデント? 一塁から生還し足を気にするしぐさ(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 西武―DeNA(9日・メットライフドーム)

 DeNAのタイラー・オースティン外野手にアクシデントが発生した。

 初回に12号2ランを放ち、「ヤッタ!! 練習の時から良い状態でした。ランナーを、なんとか還したいという気持ちで打席に入っていました。ストライクゾーンに来た球を、しっかりとスイングすることが出来ました」と笑顔を見せていた助っ人。だが、苦悶(くもん)の表情を見せたのは4回だった。

 4回の3打席目に四球を選んで出塁すると、宮崎の左翼線への3点適時三塁打で一塁から一気に生還。だが、ホームベースを踏む際にやや足を気にするしぐさを見せて、表情を曇らせた。ベンチに戻ると、トレーナーがすぐに駆け寄った。指名打者で出場しているため、守備にはついていない。

コメントは受け付けていません。