清原果耶主演の朝ドラ「おかえりモネ」第16話視聴率は16・0%(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

女優の清原果耶が主演するNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜・午前8時)第16話が7日放送され、世帯平均視聴率が16・0%だったことが8日分かった。初回は19・2%を記録し、前作「おちょやん」の初回18・8%を0・4ポイント上回るも、2作連続で20%の大台を下回るスタート。その後は18%~16%台を推移している。

 同作は清原演じるヒロイン・永浦百音が、宮城県の気仙沼市で生まれ育ち、気象予報士を目指す物語。主題歌はロックバンド「BUMP OF CHICKEN」の「なないろ」。

 今週は「みーちゃんとカキ」。お盆に帰省した百音(清原)は、妹・未知(蒔田彩珠)が、カキの研究に没頭する姿を見て圧倒される。そして、妹と比べて自分はどうかと自問自答する。一方、父の耕治(内野聖陽)は、元同級生で亮(永瀬廉)の父・新次(浅野忠信)に久しぶりに町で出会う。新次は酒に酔っていて、すさんだ様子をしていた。その夜、雨が降り出した中、未知が研究をしているカキ棚に船を出した祖父・龍己(藤竜也)に、トラブルが起きる。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。