オカダ・カズチカ、鷹木に敗れIWGP世界ヘビー戴冠ならず「IWGPの闘いで一番後ろになってしまいました」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

◆新日本プロレス「DOMINION 6・7 in OSAKA―JO HALL」大会 ▽第3代IWGP世界ヘビー級王座決定戦 〇鷹木信悟(36分00秒 ラスト・オブ・ザ・ドラゴン→片エビ固め)オカダ・カズチカ(7日、大阪・大阪城ホール、観衆3045人)

 メインイベントの第3代IWGP世界ヘビー級王座決定戦で、最強王座復帰を狙ったオカダ・カズチカ(33)が鷹木信悟(38)のパワーの前に屈した。

 3月6日、東京・大田区大会でのニュージャパンカップ1回戦で敗れている鷹木相手に序盤からスピード抜群の攻めを見せたオカダ。新型コロナウイルス感染のため前シリーズを休んだ影響も見せず、声を出しての応援を禁じられた観客に足踏みでの応援を要求した。

 高さ抜群のドロップキックで鷹木を場外に蹴り落とすと、鉄柵を使ってのDDT。昨年のG1クライマックスで鷹木からギブアップを奪ったマネークリップで絞め上げた。しかし、「来た、来た、来たー!」と叫んでの龍魂ラリアットを叩き込まれると、場外でのメイド・イン・ジャパンという荒技も食らい、場外カウント19秒の窮地に追い込まれた。

 さらに必殺・レインメーカをかわされると、レインメーカー式パンピングボンバー、投げっ放しのドラゴンスープレックス、ラスト・オブ・ザ・ドラゴンと畳みかけられ、屈辱の3カウントを奪われた。

 36分の激闘にリング上で起き上がれず、ヤングライオンの肩を借りて、リングを去ったオカダ。バックステージに黒いマスクを着けて現れると、「まあ、IWGP世界(ヘビー級王座に)初挑戦して、すごい経験値の差というものを感じましたね。それはプロレスキャリアの経験値と…。ではなくて、今の新日本プロレスのトップの中で闘っている経験値っての差ってのをすごく感じて、そこを、しっかりと埋めることができなかった。まあ、甘くみてましたね。あれだけ、でかいこと言って正直、新日本プロレスのトップっていうのは甘くなかったんだなと思いましたし。まあ、すごいチャンピオンでしょう」と鷹木を称賛した。

 その上で「僕があの手この手で、しっかりと勝ちを狙っていった中でその上をいくわけですから。素晴らしい第3代IWGP世界ヘビー級チャンピオンじゃないかなと思います」と続け、「僕には縁がないベルトなのかも知れないですし…。でも、みんなが、新日本プロレスのみんなが4番バッターって言うわけじゃないですから。いろんな役割があると思いますし、実質、このIWGPの闘いで一番後ろになってしまいましたし…。僕は、できる闘いで新日本プロレスを盛り上げていきたいと思います」と前を向いて話していた。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。