第1回ドラフト会議で巨人入団 堀内恒夫氏「どういうドラマが生まれるのか」(AbemaTIMES)

プロ野球・巨人の元エースとして活躍した堀内恒夫氏が10月26日、自身のブログで、ドラフト会議についての思い出を語った。

 今年で53回目を数えるドラフト会議だが、堀内氏は記念すべき第1回で巨人から指名を受けて入団。監督としては、辞任する直前の2005年にも指名する側で参加した。

 ドラフト会議の制度について「時代に応じて制度を見直したり 検討しながらやってきてるでしょ」と振り返った上で、2005年のドラフトでは後に巨人に入団した辻内、日本ハムに入団した陽岱鋼の指名が重複、抽選の当たり・はずれの両方にNPBの印が押されていたことで、現場が混乱したことを書き綴った。

コメントを残す