古橋亨梧、代表初先発で1得点1アシスト「やってやろうという気持ちだった。結果を残せてうれしい」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆カタールW杯アジア2次予選 日本4―1タジキスタン(7日、パナスタ)

 日本代表はタジキスタン代表を4―1で下した。前半6分にMF古橋亨梧(26)=神戸=のゴールで先制したが、同9分にアジア2次予選初となる失点で一時同点に。同40分にはMF南野拓実(26)=サウサンプトン=の予選7試合連続得点で勝ち越し、後半にも2点を加えた。森保ジャパンの主力数人が不在の中、国内組が多く起用された。

 代表初先発のMF古橋が1得点1アシストの結果を残した。前半6分、こぼれ球を左足で流し込む代表通算3点目に雄たけびを上げると、同40分には右足の鋭いクロスでMF南野のゴールをアシスト。「やってやろうという気持ちだった。結果を残せてうれしい」と力強くうなずいた。

 右サイドで先発し、後半開始からは左サイド、後半途中からはFWでプレー。最大の長所であるスピードやドリブルだけでなく、左右両足からの精度の高いキックや複数のポジションをこなす器用さも存分にアピールした。

 J2岐阜からプロキャリアをスタートさせた苦労人は「一歩前進できたかな」と手応えを示す一方で「消える時間帯もあった」「ミスも多かった」と反省の弁も止まらず、慢心は一切なし。次戦は、神戸のホームスタジアムでのセルビア戦。「何分出られるか分からないが、いい準備をして結果を残したい」と代表定着を狙う活躍を誓った。

【広告】


ハッピーソックスで貴女も皆もハッピーに!

コメントは受け付けていません。