武藤敬司、1180日ぶりムーンサルトプレス炸裂も王座陥落…丸藤正道がGHC奪還…6・6さいたまスーパーアリーナ(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆「CYBER FIGHT FESTIVAL 2021」(6日、さいたまスーパーアリーナ)

 サイバーファイトグループの合同興行「CYBER FIGHT FESTIVAL2021」が6日、さいたまスーパーアリーナで行われた。

 「#サイバーファイトフェス」は、サイバーファイトグループのプロレスリング・ノア、DDT、ガンバレ☆プロレス、東京女子の合同興行。トリプルメインイベント3で武藤敬司のGHCヘビー級王座に挑戦した丸藤正道が23分30秒、虎王零からの片エビ固めで武藤を破り、王座奪還に成功した。

 今年2月12日に日本武道館で王座を奪取した58歳の武藤は、3度目の防衛に失敗した。試合では、20分過ぎに人工関節設置手術でドクターストップがかかり、2018年3月14日の後楽園大会以来、封印していたムーンサルトプレスを1180日ぶりに炸裂させたがカウント2で返された。最後は、丸藤の虎王零に倒れ、王座から陥落した。

 試合後、武藤はノーコメントで会場を去った。2015年12月23日以来、4度目のベルト戴冠を果たした丸藤は「丸藤正道ここにありを見せた」と胸を張っていた。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。