瀬戸大也、200メートル自由形は疲労困ぱいの16位 5日の200個メへ「復帰戦の時のようにヘロヘロにならないようにしたい」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆競泳 ジャパン・オープン 第2日(4日、千葉県国際総合水泳場)

 男子200メートル自由形に出場した瀬戸大也(TEAM DAIYA)は予選9位で上位8人の決勝に進めず、9~16位決定戦のB決勝で最下位の8位に終わった。

 初日の400メートル個人メドレーは圧勝で制し、2日目に挑んだが「疲労が取り切れていない。かなりきつかった」と顔をしかめた。五輪本番に向けた追い込みの時期に出場していることもあり、疲労がたまっているようで、「自由形は予選から重いなと感じていた」。5日はともに200メートル種目のバタフライと個人メドレーに出場する。

 5か月ぶり復帰戦となった2月のジャパンオープンを振り返り「復帰戦のようなヘロヘロなレースはしないようにしたい」と自分にハッパをかけていた。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。