【日本ダービー】二冠か、逆転か、伏兵激走か、はたまたウオッカの再来か 当日まで覚えておきたいデータ(SPAIA AI競馬)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:SPAIA AI競馬

2018年生まれのサラブレッド7,242頭の頂点を決める戦い、日本ダービーがやってくる。牝馬サトノレイナスを含め、17頭が出走予定(ダノンザキッドは故障で回避)。出走上限が18頭になった92年以来はじめてフルゲート割れになった。出走権利を獲得、もしくは賞金水準をクリアしたものの、体調が整わずに断念した馬や直前でアクシデントに見舞われた馬もいた。たった1年間で勝ち抜かねばならない、日本ダービー出走の厳しさを改めて示した。

【オークス 2021予想】ソダシ2冠へ挑戦!穴は桜花賞組ではなく…?(SPAIA編)

3歳牡馬クラシック戦線は、2歳G1ホープフルSを勝ったダノンザキッドが主役級に評価されて開戦、共同通信杯を勝ったエフフォーリアが第一冠・皐月賞を勝ち、日本ダービーで二冠制覇をかける。これを筆頭に9頭いる皐月賞組に牝馬サトノレイナス、青葉賞馬ワンダフルタウン、京都新聞杯を勝ったレッドジェネシスらがぶつかる。ここでは過去10年間のデータから第88回日本ダービーを攻略する。

1番人気は【4-1-2-3】勝率40%、複勝率70%。3着以内で考えれば堅実だが、やはり日本ダービーは買う側も1着馬を当てたい。オークスは5勝、皐月賞は昨年までの10年間で3勝なので、その間ぐらいの確率。皐月賞を勝った1番人気に限ると、【3-1-1-1】勝率50%。エフフォーリアはオルフェーヴル、ドゥラメンテ、コントレイルに続けるか。その反面、2番人気は【1-2-1-6】でやや不振、3番人気が【3-3-1-3】で好成績。複穴はそれなりに開いており、10番人気以下は20年10番人気3着ヴェルトライゼンデなど【1-1-3-84】。

芝Cコースで行われる日本ダービーは枠順も重要になる。1枠【3-2-1-14】など3枠以内が【6-3-4-47】、8枠【1-0-1-28】を含め、6枠より外は【3-4-4-69】で内枠に比べ外枠は勝利数が半分で勝ちきれない。1着を当てるならば枠順を気にしたい。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。