清水尋也、アニメ映画「映画大好きポンポさん」で声優初挑戦「念願かないました」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

俳優の清水尋也(21)が声優に初挑戦したアニメ映画「映画大好きポンポさん」(平尾隆之監督)が4日に公開初日を迎える。映画製作の裏側をリアルに描いた物語で監督デビューする主人公・ジーンの声を担当した。念願だった声優デビューに「エンドロールに自分の名前を見てウルっときた」と明かし、「夢に向かって頑張っている人、何かを成し遂げたい人に見て欲しい」と呼びかけた。(有野 博幸)

 幼い頃からアニメ好きの清水にとって声優は憧れの存在だった。オーディションで役をつかみ、「念願がかいました。うれしかったです」と喜びをかみ締めた。

 初体験のアフレコでは動きのない絵コンテを見ながら、必死に役柄をイメージして声を吹き込んだ。「実写なら身ぶり手ぶりや表情で感情を表現できるけど、今回はそれができない。油断すると平坦(へいたん)なしゃべりになってしまうから、大げさに演じました。最初はおどおどしたり、弱気で。後半は声に張りが出てくるように意識しました」。気弱な主人公が映画づくりに奮闘しながら、徐々に自信を深めていく過程を表現した。

 新人監督役を演じ、映画製作への情熱に共感した。「ものづくりは、自己中心的、わがままなやつしかできないと思うんです。我が強くないとできない仕事。ジーンは映画作りに関して、何としても譲れない部分がある」。清水自身も「良くも悪くも、人の言うことを聞かない。だから、人のせいで失敗することはないし、成功することもない。もったいない部分もあるけど、自分が結果を出して、見た人を感動させればいい。それが責任だと思う」と自負がある。

 敏腕映画プロデューサーのポンポら、かわいらしいキャラクターも登場し「絵がかわいくて、興味を持ちやすいですよね」。一方で描かれている内容はリアルな映画製作の物語。そのギャップも作品の魅力だ。映画作りに奮闘する主人公を通じて「人生って楽なものじゃない。犠牲にしないといけないこともある。選択を迫られた時に尻込みせず、自分で意思決定するべき」というメッセージが込められている。

 映画を製作するスタッフの苦労も知ることができた。「自分は演じることしかできない。役者は撮影が終わったら、そこで終了だけど、監督さんは編集作業がある。大変な仕事で頭上がらない。スタッフさんのおかげで役者の仕事ができているんですよね」と感謝した。

 小学6年で兄の清水尚弥(26)が所属していた事務所のマネジャーから熱心に誘われ、芸能活動を始めた。「最初は見学のつもりで行ったら、いきなり台本を渡されて、先輩俳優さんたちとお芝居をしました。最初は『こんなつもりじゃなかったのに…』と思ったけど、一日中、芝居をしたら楽しかった。当時のマネジャーに感謝ですね」

 2014年の映画「渇き。」(中島哲也監督)で壮絶ないじめの対象とされる役を演じ、俳優人生の転機になった。「デビューして1、2年のほぼ素人だったのに、あの役をやって、怖いものがなくなった。人生が180度変わりました」。クセの強い役柄をこなすことが多いが、「演じる上で苦悩はありますが、できない役はないと思っています。どんな役でも『やってやる!』と思ってます」と意欲的だ。

 好青年を演じたかと思えば、次の作品では悪役も難なくこなす。「僕に対するイメージを常に裏切っていきたい。『あの作品とこの作品で同一人物とは思えない』と言われるのは、褒め言葉。個性を出していきたいし、『若手俳優』というくくりではなく『清水尋也』というカテゴリーでありたい」。自分の信じた道をぶれずに歩み続ける覚悟だ。

 ◆清水 尋也(しみず・ひろや)1999年6月9日、東京都生まれ。21歳。兄の俳優・清水尚弥の影響で演技レッスンを始め、2012年フジ系「高校入試」でドラマデビュー。主な出演映画は「ソロモンの偽証」(15年)など。現在放送中のNHK「おかえりモネ」に出演。7月に映画「東京リベンジャーズ」の公開を控える。身長186センチ。血液型O。

 ◆「映画大好きポンポさん」 これまで見た映画をすべて記憶しているジーンは映画の街「ニャリウッド」で活躍する敏腕プロデューサーのポンポさんに次回作「MEISTER」の監督に抜てきされる。世界一の俳優・マーティン、新人女優のナタリーを起用して波乱万丈の撮影が始まる。映画製作に人生を懸ける人々の夢と苦悩を描く。90分。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。