金村義明氏、岡本和真の逆転打はボテボテ? いや打球は死んでいなかった(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 巨人4―3西武(2日・東京ドーム)

 岡本和で勝った試合だ。5回2死満塁、西武は勝利投手の権利まで1アウトのダーモディを代えた。いや、代えざるをえなかった。岡本和の前の打席が強烈だったからだ。

 4回の左翼線二塁打。インハイのボール球の直球で、普通ならバットが折れるような球を見事に打ち返した。あの球を打たれたら、2死満塁のピンチで抑えられるとは思えない。絶好調の岡本和が、好投していたダーモディを代えさせた。

 そして、2番手の宮川から三遊間に逆転打。打ち損じのボテボテに見えるかもしれないが、打球は死んでいなかった。バットが最後の最後に出てくるスイングなので、ヘッドが走っている。だから、打球に力が伝わっている。はじいたスパンジェンバーグは確かにうまくはないが、三塁手とすれば、打球が死んでいないので後ろに下がれないのだ。

 今の岡本和は、体に巻き付くようなスイングの軌道が素晴らしい。坂本がけがで離脱してから、調子を上げてきたと思う。表に見えるタイプではないが、4番としての責任感がある。(スポーツ報知評論家・金村義明)

【広告】


コメントは受け付けていません。