【安田記念】グランアレグリアら上位人気3頭が強力な一戦 前哨戦分析からの穴馬候補は?(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

芝マイル王決定戦・安田記念。近年は以前と比べてハイペースの消耗戦になることが少なくなったが、多路線からの参戦で毎年ハイレベルなレースが繰り広げられることに変わりはない。速い走破時計が求められるため、マイル戦での総合力が問われる一戦だ。

【安田記念 2021予想】グランアレグリア参戦のマイル頂上決戦!今回は女王危うし?(SPAIA編)

【マイルCS】
レシステンシアが通常より0.2~0.3秒程テンが遅く、押して押してようやくハナへ。その分をリカバーしたのだろう、中盤で12.0秒を計時する形となり、全体では前後半3F34.9~33.5の後傾1.4秒。マイルG1としては遅過ぎる流れで「前有利」と評価。

1着馬グランアレグリアはスタートを決めて好位での競馬。直線では進路がなく追い出しが遅れたが、残り200m過ぎで進路を確保するとあっさり上位馬を差し切ってしまった。強いの一言。デビュー時から馬体重を50キロ弱増やしており、まさに絶頂期といえる勝ちっぷりであった。

2着馬インディチャンプは出たなりで中団馬群につけ、直線でも楽々先頭に並び掛ける勢い。グランアレグリアに後手を踏ませる立ち回りにも隙はなかったが、残り50m程で楽々交わされてしまった。現役トップクラスのマイラーであることは間違いないが、対グランアレグリアという点では安田記念、マイルCSと決定的な力差を見せつけられている。

5着馬サリオスは久々のマイル戦、かつ大外枠発走で後方からの競馬。いい脚で追い込むも差し届かず5着に終わったが、展開面や中間で一頓挫あったことも考慮すれば、着順以上の評価をしたいレース内容であった。

15着馬ラウダシオンは4角で逆手前になるなど全体に幼い面が目立った。当時からの成長力に期待したい。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。