2021年WRC第5戦イタリア・サルディニア・ラリー “ラフグラベルは続く”(J SPORTS)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:J SPORTS

ここ数年間イベント調整、特にコロナにより従来の常連ラリーの維持が困難になっていますが今年はその混乱の中でポルトガル、サルディニア、久方ぶりのギリシャとサファリの復活で俄かに本格的グラベルの連戦が開催されることになりそうです。路面の悪さからいえばサファリ、ギリシャ、トルコ、サルディニア、ポルトガルの順でしょうか。グループAの時代(相当昔ですが)にはファクトリー・チームはターマックとグラベル3種類、合計4種類のスペックを持っており軽量車と最重量車との差は200キロにも達しました。主として足回りとボデーの補強です。最近のWRカーはイベント自体がスプリント化し、しかもSS合計距離が300キロ程度ですから競技車はそれほど違いません。ラリーの後半にドライバーが競い始めるとコースオフの危険とともに車両トラブルが急に増えて意外な結果になることが多いのです。
第4戦ポルトガルでヒュンダイのトップドライバー2台にトラブルが発生しました。グラベルはスタート順がいつも問題になります。オジェとエヴァンスは初日に再びその悲哀を味わうことになるでしょう。ポイントランキング下位のソルドがポルトガルに続いて漁夫の利を占めそうです。ソルドはサルディニア2連勝中です。
サルディニア島は地中海の保養地、ラリーコースは瓦礫を隠したグラベルでミッキー・ジャンプと呼ばれる周期が短く角度が大きいジャンプが多数あり着地の姿勢や足回りのダメージに要注意です。ウォーター・スプラッシュもあります。昨年はコロナのためSS距離が240キロに短縮されましたが今年は300キロに戻されました。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。