【ジロ・デ・イタリア2021 第20ステージ結果速報】急遽総合エースに躍り出たダミアーノ・カルーゾが総合2位をキープしつつグランツール初区間優勝(J SPORTS)

出典元:J SPORTS

山岳2連戦2日目、標高2000m超の2峠を含む3つの厳しい山を上る164kmの短距離ステージ。この日もステージ勝利目指して激しいアタック合戦が繰り広げられた。ファーストアタックではフェルナンド・ガビリア(UAEチームエミレーツ)や第3ステージで区間優勝を掴んだタコ・ファンデルホールン(アンテルマルシェ・ワンティゴベール・マテリオ)らが飛び出した。

タイム差がつかず吸収と抜け出しを繰り返し、レースの舞台はスイスへ。34kmほど進んだとことでシモン・ペロー(アンドローニジョカトリ・シデルメク)やフェリックス・グロスシャートナー(ボーラ・ハンスグローエ)ら9選手の先頭グループが容認された。メイン集団はチーム バイクエクスチェンジが牽引、タイム差も最大で5分程度でコントロール。ペローはフーガ賞が濃厚となった。

ペローが地元凱旋の挨拶をし、長い上りの1級パッソ・サン・ベルナルディーノはジョヴァンニ・ヴィスコンティ(バルディアーニCSFファイザネ)が先頭通過、マリア・アッズーラ着用のジョフリー・ブシャール(AG2Rシトロエンチーム)が6位通過し4ポイントを加算、次点のベルナルが続く峠を先頭通過しなかったので、最終ステージをフィニッシュした時点で山岳賞首位であることが確定した。ポイント賞首位もペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)に決まり、この日はシクラメン色のバイクをお披露目している。

ダウンヒルではクリス・ハミルトン、マイケル・ストーラー、ロマン・バルデ(3人ともチームDSM)の3人が集団から飛び出し、50秒ほど前を走る先頭グループへのブリッジを試みる。続いてペリョ・ビルバオ、ダミアーノ・カルーゾ(共にバーレーン・ヴィクトリアス)の2人もメイン集団から飛び出し前を追う。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。