バレー・男子日本代表が対峙するオランダ フライングダッチマンの強烈サーブに備えよ(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

イタリアで現地5月28日に開幕したネーションズリーグ2021男子大会は第1日を終え、イランと対戦した日本は白星発進を飾った。現地29日はオランダと対戦する。

 そのオランダは大会初日、さっそくエースが本領を発揮した。背番号14、オポジットのニミル・アブデルアジズがロシアを相手に29得点。敗れはしたが、6本のサービスエースを浴びせた。

 アブデルアジズといえば今やイタリア・セリエAを代表するアタッカーで、2年連続最多得点(2019/20、2020/21)、昨季はレギュラーシーズンで計74本のサービスエース(1セットあたり0.92本)をあげ、これもリーグトップだった。

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。