【ジロ・デ・イタリア2021 第18ステージ結果速報】アルベルト・ベッティオルがラスト6.5kmを独走しグランツール初区間優勝!(J SPORTS)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:J SPORTS

山岳2連戦を控えた長距離平坦移動ステージ。マリア・チクラミーノ着用のペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)がアタックメンバーのセレクションを行ったため、先頭グループが容認されたのはアクチュアルスタートから30kmほど進んでからだった。

シモン・ペロー(アンドローニジョカトリ・シデルメク)、サムエーレ・バティステッラ、ゴルカ・イサギレ(共にアスタナ・プレミアテック)、レミ・カヴァニャ(ドゥクーニンク・クイックステップ)ら23人が逃げ切り勝利を目指す。ジャンニ・フェルメールシュ(アルペシン・フェニックス)が中間スプリントポイントを先頭通過。

メイン集団はイネオス グレナディアーズが牽引、スプリンターを抱えるチームが前を追う気配がないため、タイム差はみるみる開き残り距離50kmの時点で14分半後方につけていた。

残り距離30kmの起伏ゾーンが始まると先頭グループはパトリック・ベヴィン(イスラエル・スタートアップネイション)、アルベルト・ベッティオル(EFエデュケーション・NIPPO)、コラス・ロッシュ(チームDSM)、ステファノ・オルダーニ(ロット・スーダル)、ジャコポ・モスカ(トレック・セガフレード)の5人に絞られ、4級峠で追いついたレミ・カヴァニャ(ドゥクーニンク・クイックステップ)がアタックで独走を開始、逃げ切りフィニッシュを目指す。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。