【ヤクルト】小川泰弘 連続イニング無失点途切れるも「全然(頭に)なかった」集中切らさず5勝目(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス4―7ヤクルト(29日・京セラドーム大阪)

 小川が7回9安打3失点で自身3連勝、リーグ2位タイの5勝目を挙げた。7回にモヤに3ランを被弾し、15日の中日戦(バンテリンD)から続いていた連続イニング無失点は「23」で途切れたが「全然(頭に)なかった。集中してやっていた結果」と意に介さず投げきった。

 今月上旬に不調で登録を抹消され、徹底的に走り込んだ。その期間、高津監督は右腕に奮起を促す言葉をかけることはなく、普段通りに接した。信頼の裏返しともいえる振る舞いに「走り込みが終わった後の何げない会話にチームメートと監督がいて、温かい雰囲気を出してくれた」。再登録後、3試合連続クオリティースタート(6回以上自責3以内)と信頼に応えている。

 打線も12安打7得点と援護し、敗れた阪神と5差、2位・巨人とは0・5差に迫った。「まだ改善点はあると思うし、貪欲にやっていきたい」と次戦を見据えた右腕は、好調が続く要因について「まあ、たまたまですかね」。そう謙遜する姿が、エースの復調を印象づけた。(小島 和之)

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。