【バレー】群馬銀行 鈴木ら4選手の退団を発表(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

V2女子の群馬銀行グリーンウイングスは、鈴木日葵、小林愛里、上地野乃香、坂本陽菜の退団を5月14日(金)に発表した。
 鈴木と小林は2015年に入団し、鈴木はV2女子で2年連続スパイク賞を受賞するなど活躍。小林は攻守ともに安定感のあるプレーでチームに貢献した。
 上地と坂本は2018年に入団し、上地はリベロとして、坂本はアウトサイドヒッターとして昨シーズン全試合に出場し、チームを支えた。

【写真】2020-21シーズンのVリーグ女子選手たちのフォトギャラリー

 鈴木は移籍を希望しており、坂本は現役を引退するとコメントしている。小林と上地についての詳細は発表されていない。

【退団選手】
鈴木日葵(すずき・ひびき)
ミドルブロッカー/183cm/1997年12月13日生まれ/千葉県船橋市出身/市立船橋高

■鈴木日葵コメント
いつもたくさんの温かいご声援ありがとうございます。
この度、グリーンウイングスを退団することとなりました。
在籍していた5年間で優勝3回、入れ替え戦2回ととても素晴らしい経験をさせてもらいました。自分自身この1年間、環境が目まぐるしく変わって不安な日々もありましたが、ここまでやってこられたのはスタッフ、選手、家族、友人、そしてファンの方々の応援があってこそだと思います。
ここで学んだことを生かし、新たなステージでも頑張ります。
本当にありがとうございました。これからもグリーンウイングスの応援をよろしくお願いします。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。