竹野内豊主演の月9「イチケイのカラス」第8話視聴率11・7% 8話連続2ケタ好調(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

24日放送された俳優の竹野内豊主演のフジテレビ系連続ドラマ「イチケイのカラス」(月曜・午後9時)第8話の世帯平均視聴率が11・7%だったことが25日分かった。

 初回は13・9%で好スタート。2クール放送された前作「監察医 朝顔2」の初回13・8%に続き、「月9」ドラマでは10作連続の2ケタ視聴率発進となった。第2話は10・5%、第3話は12・7%、第4話は12・4%。第5話は12・3%。第6話は13・4%。第7話は13・6%。今回は1・9ポイント減も初回からの2ケタ視聴率をキープしている。個人視聴率は6・5%だった。

 原作は浅見理都さんの同名漫画。自ら現場検証を行い、事件の真相を解明する異端の刑事裁判官・入間みちお(竹野内)を描く。民放連ドラとして刑事裁判官を主人公とする物語は今回が初めて。共演は黒木華、新田真剣佑ら。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントは受け付けていません。