NBAプレーオフが開幕、バックスがヒートとの接戦制し白星スタート(バスケットボールキング)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:バスケットボールキング

5月23日(現地時間22日)、計16チームで争う「NBAプレーオフ2021」が開幕。各地で4試合が行われた。

「これまでの練習を信じるだけ」。ミドルトンの決勝弾でバックスがヒートに先勝

 西3位のデンバー。ナゲッツと同6位のポートランド・トレイルブレイザーズの試合。前半こそニコラ・ヨキッチに活躍を許し、58-61とリードされて試合を折り返したブレイザーズだが、後半はデイミアン・リラード、CJ・マッカラムを中心にアウトサイドから攻め、一転してリードを奪う展開に。ベンチスタートの選手もうまく試合に絡み、チーム全体で19本の3ポイントシュートを沈め、ナゲッツを突き放したブレイザーズが123-109で勝利した。

 東地区3位のミルウォーキー・バックスと同6位のマイアミ・ヒートはオーバータイムまでもつれる白熱の一戦を繰り広げた。つかず離れず展開の中、53-50とバックスがなんとかリードして試合を折り返すと、後半は激しい点の取り合いとなり、48分を終えた時点で決着はつかず。延長戦でも両チームとも強度の落ちない攻撃を展開する中、同点で迎えた残り0.5秒でクリス・ミドルトンがジャンプシュートを決め、これが決勝点に。109-107でバックスが激戦を制し先手を取った。

 西地区4位のロサンゼルス・クリッパーズは同5位のダラス・マーベリックスと対戦。マーベリックスは、ポール・ジョージやカワイ・レナードに攻め込まれながらも終始優位を維持。86-80と僅差で迎えた第4クォーターでは、ティム・ハーダウェイJrやクリスタプス・ポルジンギスが躍動し、クリッパーズを突き放してタイムアップ。113-103と白星発進に成功した。

 東2位のブルックリン・ネッツは、同7位のボストン・セルティックスと激突した。47-53とセルティックスにリードを許して前半を終えたネッツだが、後半はケビン・デュラントがギアを上げ、一気に逆転に成功。その勢いに乗ってカイリー・アービングやジェームズ・ハーデンも得点を重ね、相手の追い上げを許さずタイムアップ。デュラント、アービング、ハーデンの3人で82得点をマークし、104-93の快勝に貢献した。

【試合結果】
ポートランド・トレイルブレイザーズ 123―109 デンバー・ナゲッツ
ミルウォーキー・バックス 109―107 マイアミ・ヒート
ダラス・マーベリックス 113―103 ロサンゼルス・クリッパーズ
ブルックリン・ネッツ 104―93 ボストン・セルティックス

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。