【広島】22日のPCR検査は全員が陰性も…森下暢仁と高橋昂也が濃厚接触者に(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

広島は22日、新型コロナウイルスのPCR検査を1、2軍の監督、コーチ、選手、スタッフ計140人に実施し、全員が陰性判定だったと発表した。21日までに菊池涼、鈴木誠らチーム内で11人が陽性判定。この日は管轄の保健所から森下暢仁投手と高橋昂也投手が濃厚接触者と判定された。球団によると、2投手ともに現在は無症状で体調に異常はない。

 感染拡大防止のため、21日からの阪神3連戦(マツダ)は延期。この日はマツダスタジアムで個別の自主練習を行った。各選手が時間をずらし、ジャージー姿でマスク着用。練習の合間にもこまめな手指消毒を徹底した。球団では21日から毎日のPCR検査を継続。交流戦開幕となる25日の西武戦(マツダ)については、24日に開催の可否を議論する予定だ。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。