阪神・藤浪、5回無四球12K!「自分の感触としてよかった」(サンケイスポーツ)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

(フェニックスリーグ、阪神3-2ヤクルト、25日、西都)阪神2軍は25日、みやざきフェニックス・リーグのヤクルト戦(西都)に3-2と勝利した。先発した藤浪晋太郎投手(23)が5回1失点12奪三振の快投。最高の形で締めくくり、今後は帰阪して1軍の秋季練習に合流する見込みだ。

 これが、藤浪だ。最速153キロの剛速球を中心に三振の山を築き、若手中心の燕打線に格の違いをみせつけた。

 「投球もフォームも、バランスがよかった。全体的に、結果、内容を抜きにして自分の感触としてよかった」

 一回先頭の山崎から“藤浪ショー”の幕が開けた。二回まで6者連続三振。五回に不運な当たりを含む3連打で1点を失ったが、なお無死二、三塁のピンチから藤井、古賀を連続三振。飛び出した三走を捕手・長坂を刺し切り抜けた。5回を無四球、12奪三振だ。

 高橋投手コーチも「すごいね。格の違いをみせてくれた。いいものを来年、今後に生かしてほしい」と目を細めた。

コメントを残す