数多くの問題を抱えるNBA…「変革期にある」と発言したアダム・シルバーの真意とは(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

NBAは今、様々な問題を抱えながらリーグを開催している。例えば、観客を動員できないことによる収益分配。『ESPN』によれば、ニューヨーク・ニックスの球団社長を務めるジェームズ・ドーランは、ニックスやレイカーズのような人気球団が他チームのお財布事情を肩代わりすることに難色を示しているという。

 また、プレーイントーナメントの実施についても、リーグと選手間の乖離は大きい。従来であれば8位までの球団がスムーズにプレーオフに進出できたにもかかわらず、なぜ試合数を増やして、中位のチームで決勝戦顔負けのハードなゲームをしなければならないのか、というのが選手側の意見だ。一方で、リーグはそうしたデメリットを理解しているものの、開催にはレギュラーシーズンの結果を踏まえた“ボーナス”を生み出すというメリットも存在する。例えば、ヨーロッパのサッカーでは、上位チームにUEFAチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場権が与えられ、下位チームには降格という厳しい現実が突きつけられる。NBAのレギュラーシーズンでも、ホームコートアドバンテージや対戦カードの優位性といったメリットが用意されているわけだが、それらのメリットをより魅力的にする施策がプレーイントーナメントという考え方もあるようだ。

 何より、こうした問題を生み出している元凶は、新型コロナウイルスによる世界規模のパンデミックだろう。選手1人の存在が勝敗を左右するNBAにおいて、欠場は球団の功績はおろか、収益にまで影響を及ぼすこととなる。特に、プレーオフとなればその影響はより大きくなる。そのため、リーグは今シーズン、選手・関係者のワクチン接種に多大な時間とリソースを費やした。名物記者エイドリアン・ヴォジナロウスキーの情報源によれば、NBA選手全体の75パーセントがワクチン接種を完了しているものの、コミッショナーのアダム・シルバーは引き続き、選手のさらなる安全確保に向けて、各球団のフロントオフィスに訴えかけているようだ。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。