大量得点に見放されたレアル・マドリー…45年ぶりの不名誉な記録(GOAL)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

大量得点を奪い、圧倒的な勝利を収めることがレアル・マドリーの常だった。だが今季は例年とは異なるようだ。

マドリーは今季、序盤の公式戦15試合で4ゴール以上を奪った試合がひとつもない。6試合で3ゴール、6試合で2ゴール、2試合で1ゴールとコンスタントに得点を奪っているものの、ゴールラッシュで締めた試合は存在しない。

これはマドリーにとって、45年ぶりの不名誉な記録だ。近年、序盤に1試合4得点以上を奪った試合数は、2011-12シーズン(7試合)、12-13シーズン(4試合)、13-14シーズン(4試合)、14-15シーズン(5試合)、15-16シーズン(3試合)、16-17シーズン(5試合)となっており、今季のように大量得点に見放されたシーズンはない。

なお、マドリーはここまで32得点を挙げている。最初の15試合での成績は30得点を記録した2006-07シーズン以降で、最も低い数字だ。

コメントを残す