浦和リカルド監督、同郷のイニエスタとの対決を待望「世界最高峰の選手」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

浦和のリカルド・ロドリゲス監督が21日、オンライン取材に応じ、22日のホーム・神戸戦(埼玉)で同郷の元スペイン代表MFイニエスタとの対決を待望した。

 イニエスタは18年夏に加入後、埼玉スタジアムでの浦和戦は負傷の影響などで3年連続で欠場。今回、ベンチ入りすれば埼スタ初見参となる。指揮官は「世界最高峰の選手の1人で、スペインに初のW杯をもたらした素晴らしい世代の一員。高いレベルのゲームをプレーできてうれしい」と歓迎した。

 レジェンドは昨年12月に右太ももを手術し、今月1日の広島戦で復帰。3試合連続で途中出場中だが、高精度のパスやドリブルで司令塔としてタクトを振っている。ロドリゲス監督は「特にラストサードで気をつけないといけない」と警戒。「いいパスを持ってるし、古橋らとのコンビネーションもいい。セットプレーでも危険。視野が広くて彼だけに見えるプレーがあり、高い質で実行する選手だ」と気を引き締めた。

 浦和は、7位・神戸と勝ち点1差の8位につけている。指揮官は「チームも勝ち点でほぼ並んでいる状況。ACLを目指すチーム同士の対戦で、しっかり勝ち点3を得ることが重要だ」と今季2度目のリーグ3連勝を誓った。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。