【ロッテ】「勝てる捕手に」佐藤都志也が決勝打…同期・佐々木朗希と「2人で活躍していけたら」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

◆パ・リーグ オリックス4―6ロッテ(19日・京セラドーム大阪)

 狙い通りの一打で試合を決めた。同点の4回2死一、三塁。ロッテの佐藤都が山本の154キロ直球をはじき返し右前へと運ぶ勝ち越しの適時打。チームは連敗を2で止め、首位と2ゲーム差をキープした。

 「いい感じに狙ってる所に来てくれた」。この日の試合前まで打率1割4分3厘と低迷していたが試行錯誤が結果につながっている。「ファームにいる時にフォームを少し小さくして。これまで長打を考えてたけどその考えをなくした」。シンプルな考えが勝利への近道だった。東洋大から19年ドラフト2位で入団し、16日の西武戦(ZOZO)ではドラ1で同期入団の佐々木朗とバッテリーを組んだ。「朗希より緊張した。自分の方が1軍で出ているのに心が負けてて恥ずかしかった」と苦笑いも「2人で活躍していけたら」と意気込んだ。

 チームは現在、正捕手・田村が太ももの肉離れで離脱中。18日には柿沼も近い関係者の新型コロナウイルス感染により自宅待機と危機的状況だが「チャンスだと思っているので勝てる捕手になりたい」。2年目捕手がここからチャンスをつかむ。(小田原 実穂)

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。