【ジロ・デ・イタリア2021 第10ステージ結果速報】ボーラ・ハンスグローエが集団を猛烈に牽引しペーター・サガンが区間優勝!ポイント賞首位へ(J SPORTS)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:J SPORTS

休息日前日はラクイラからフォリーニョまで139kmの平坦ステージ。いくつかの起伏と4級峠が待ち受ける。アクチュアルスタートが切られると連日逃げに乗っているシモン・ペロー(アンドローニジョカトリ・シデルメク)、ウンベルト・マレンゴ(バルディアーニCSFファイザネ)、サムエーレ・リーヴィ(エオーロ・コメタ)、タコ・ファンデルホールン(アンテルマルシェ・ワンティゴベール・マテリオ)の4選手が飛び出し、コービー・ホーセンス(ロット・スーダル)が追いついて5選手での先頭グループとなった。

メイン集団はスプリンターを抱えるチームが牽引役を1人づつ出し、2分半程度のタイム差で追いかける。最初の1時間の平均時速は39.2km/hとゆったりペースだった。中間スプリントポイントはペローがロングアタックで狙いに行くもリーヴィが先頭通過、そのあと踏切で停止を余儀なくされ、メイン集団とのタイム差が1分縮まってしまった。

残り距離58km、無印峠の下りでボーラ・ハンスグローエが集団先頭に出て牽引を開始、立ちはだかる無印峠と4級峠をハイペースで上り先行する5選手を吸収し、ペーター・サガンのためにライバルスプリンターのジャコモ・ニッツォーロ(チーム クベカ・アソス)、ディラン・フルーネウェーヘン(ユンボ・ヴィスマ)、ティム・メルリール(アルペシン・フェニックス)、アンドレア・パスクアロン(アンテルマルシェ・ワンティゴベール・マテリオ)らを置き去りにした。

【広告】

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントは受け付けていません。