【阪神】西純矢が5回ノーヒット デビュー戦で勝利投手の権利(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 阪神―ヤクルト(19日・甲子園)

 阪神・西純矢投手がプロ初登板初先発で5回無安打無失点と好投した。四球を4つ出したが、前日13得点のヤクルト打線に1本も安打を許さなかった。最速は147キロだった。

 初回。1番・山崎への1球目は145キロ直球を引っかけてボール。緊張もあってか制球が定まらず、連続四球でいきなり無死一、二塁のピンチを背負った。だが、ここから山田を二飛、村上を中飛、最後はオスナから145キロの外角直球で見逃し三振を奪った。

 2回も先頭の青木に四球を与えたが、続くサンタナのバットを142キロ直球で真っ二つにへし折り、二ゴロ併殺に。元山は遊直に打ち取った。

 3回、4回は3者凡退に封じると、5回は2死一塁で田口を二ゴロに仕留め、拍手の中でマウンドを降りた。その裏の攻撃で代打を送られ、お役ご免。高校2年夏に豪快なガッツポーズで甲子園をわかせた右腕が成長した姿を示すと、5回1死から近本が先制ソロを放ち、西純に勝利投手の権利が舞い込んだ。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。