【新潟】堀米悠斗と仲間たちが学びに変えなければならないもの。「やりたいサッカーをやっていれば」(サッカーマガジンWeb)

出典元:サッカーマガジンWeb

アルビレックス新潟がついに敗れた。5月16日の明治安田生命J2リーグ第14節でFC町田ゼルビアと対戦し、開始36秒と11分に失点、早々に2点を追いかける展開に持ち込まれた。追撃弾を決めた堀米悠斗は、先制されたあとのメンタルの落ち込みを課題に挙げた。

【写真】昨季まで新潟に所属した町田の鄭大世が86分に登場し、高宇洋が争う

■2021年5月16日 明治安田生命J2リーグ第14節(@Gスタ/観衆3,430人)
町田 2-1 新潟
得点:(町)三鬼海、太田修介
   (新)堀米悠斗

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。