ラッセル・ウェストブルックとステフィン・カリーが5月の月間最優秀選手賞に選出!(バスケットボールキング)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:バスケットボールキング

5月18日(現地時間17日、日付は以下同)。NBAは5月におけるプレーヤー・オブ・ザ・マンス(月間最優秀選手賞)を発表した。

記録づくしとなったステフィン・カリー「ハイレベルなプレーができていることに感謝」

 今季ラストとなった月間MVPは、イースタン・カンファレンスではワシントン・ウィザーズのラッセル・ウェストブルック(今季初/キャリア9度目)、ウェスタン・カンファレンスからは2か月連続でゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー(今季2度目/キャリア9度目)が選ばれた。

 ウェストブルックは期間中に行なわれた9試合にフル出場し、そのうち7試合でトリプルダブルをマーク。平均26.3得点13.8リバウンド16.1アシストのモンスタースタッツをたたき出し、ウィザーズを5勝4敗へとけん引。

 11日のアトランタ・ホークス戦で通算182回目のトリプルダブルを達成し、オスカー・ロバートソン(元シンシナティ・ロイヤルズほか/181回)を抜いてNBA史上トップへと浮上。金字塔とも評された記録を47年1か月と16日ぶりに塗り替えてみせた。

 一方のカリーは、期間中にリーグトップの平均36.8得点に5.1リバウンド5.6アシストを残し、チームがリーグベストの8勝1敗を残す殊勲者に。

 今季平均32.0得点で2度目の得点王となったスーパースターは、マイケル・ジョーダン(元シカゴ・ブルズほか)に次いで、33歳で得点王となった史上2人目の選手となっている。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。