高橋由伸氏が戸郷翔征へ提言…ローテの軸で回るためには投げ切る力を(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人7―2広島(18日・東京ドーム)

 巨人が広島に逆転勝ちした。5回に2点先制されたが、直後にウィーラーの逆転2点二塁打などでリード。7回には岡本和の10号2ランとスモークの4号ソロの2者連続アーチが飛び出した。先発の戸郷は6回2失点で3勝目。

 * * *

 注目していた戸郷だが、前回11日のDeNA戦よりも球威があり、格段に良かった。初回先頭から腕が振れていたし、適度に荒れる“らしさ”もあった。4回までパーフェクトに抑え「もしかして…」なんて、完全試合すら期待してしまう自分もいた。

 ただ、世の中はそんなに甘くない。逆に注文をつけたい。5回1死一、三塁での林への投球だ。フルカウントから直球系を外寄りに投げ、三遊間を抜かれた。捕手の内角要求が逆球になった形だが、ここはインコースに投げ切れないと危険を伴うケースだった。

 林はチーム内のコロナ陽性により、急きょ昇格した選手で、心理面は「絶対打ってやる」。3回の1打席目も、この打席も、初球からがむしゃらに振ってきたから、変化球でタイミングをずらしてきた。フルカウントからの6球目、外角低めフォークを辛うじてファウルにされ、7球目は“内角ズドン”を選択。フォークの軌道を見せすぎたことで裏をかいたのだろうが、そこまでの対応や打席内での反応を見ると、フォークの方が安全だったとは思う。間近で感じた炭谷の期待に、戸郷はしっかり応えなくてはいけない。

 ローテの軸で回るためには、勝負どころで投げ切らないと勝ち星はついてこない。次はそういう点も注視していきたい。(スポーツ報知評論家・高橋 由伸)

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。