ダニーロ、古巣レアル・マドリーに「信じられない2年を過ごした場所。恋しい」(GOAL)

マンチェスター・シティDFダニーロが、古巣レアル・マドリーでの日々を振り返っている。

2015年夏にレアル・マドリーに加入したダニーロだが、マドリーではDFダニエル・カルバハルとのポジション争いに敗れ、出場機会を得られなかった。そして今夏、右SBを探していたシティが移籍金3000万ユーロ(+出来高)でダニーロを獲得している。

ビッグクラブで定位置を確保できなかったダニーロ。しかし、彼はマドリー移籍を後悔していないという。

「本当のところ、レアル・マドリーを恋しく思っている。重要なタイトルを獲得して、信じられない2年間を過ごした場所だ。みんなが僕に良くしてくれた。でも、ページをめくらなければいけない」

ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるシティは、以前からバルセロナFWリオネル・メッシへの関心が盛んに報じられている。ダニーロはメッシ加入の可能性について、次のように話した。

コメントを残す