最凶チャレンジャー・男色ディーノ、DDT新時代を担う竹下幸之介と直接対決 「アンタも生き様を見せつけなさい」(AbemaTIMES)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

今年3月にエース・HARASHIMAから DDTトップの証であるKO-D無差別級王座を奪い、激闘の連続で防衛を重ねてきた竹下幸之介が試練の一戦を迎える。10月22日の後楽園ホール大会、歴代最多防衛記録をかけて対戦するのは、 DDTの象徴と言うべき男色ディーノだ。

ディーノは8月の両国国技館大会で“大社長”高木三四郎を下し、 DDTにおけるリング上の全権を掌握。プロデューサーに就任し、ノアの丸藤正道と「工場プロレス」で対戦するなど独自のマッチメイクを行なってきた。中には「Pのお戯れ」と題してのイケメン若手選手とのシングルマッチも。

もともとの人気に加え「男色P」としての手腕もあって、ディーノは今年のDDT総選挙で個人部門1位を獲得。その特典として竹下への挑戦が決まった。プロデューサーとして、竹下にvs佐々木大輔・大家健という異色の3WAYトリプルタイトルマッチを課したことがあるディーノだが、今回ついに直接対決が実現するわけだ。

コメントを残す