【DeNA】三浦大輔監督「残念」13残塁拙攻&山崎康晃が同点打浴びドロー(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 広島3―3DeNA(16日・マツダスタジアム)

 今季6度目となる引き分けを、前向きに捉える余裕はなかった。試合後、三浦監督の浮かない表情が全てを物語っていた。「勝たないといけないですし、勝てなかったのは残念でした」と力なく話した。

 6回まで11安打を放ちながらも、4本の併殺打などでことごとく好機をつぶして無得点。2点を追う7回1死一、二塁でソトが一時逆転の5号3ランを放ち、チーム14本目の安打でようやく点を取った。だが8回に登板した山崎が、西川に同点打を浴びて逃げ切りに失敗。9回にはソトが、毎回の16安打目となる中前打を放つなど2死一、二塁と栗林を追い詰めたが、牧は空振り三振。13残塁は拙攻の象徴だった。

 「何とかしようという気持ちが強すぎたのか」と三浦監督。連敗は止められず、後味の悪いドローとなった。(阿見 俊輔)

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。