全日本プロレス、デビュー25周年の秋山準&大森隆男が世界タッグ王座奪取! 三冠ベルトはドーリングの腰に(AbemaTIMES)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

今年は全日本プロレスの旗揚げ45周年という記念イヤーだが、同時に秋山準、大森隆男のデビュー25周年でもある。

その記念大会が、10月21日に横浜文化体育館で開催された。今や全日本の社長と取締役でもある秋山と大森はこの日、同期タッグを結成し、世界タッグ王座決定戦に出場した。
対戦相手は大日本プロレスの関本大介&伊東竜二。こちらも同期タッグであり、大日本も横浜文体でのビッグマッチが恒例となっているだけに、試合は対抗戦の様相も。デスマッチファイターである伊東は「使ったら反則負けなのは承知だけど、大日本の代表として」と蛍光灯の束を掲げて登場した。

序盤、場外戦で劣勢に立たされた25周年タッグだったが、秋山が猛攻に耐え抜くとベテランかつ同期らしい息の合った闘いでペースを取り戻し、相手チームの誤爆を誘う。そして秋山がヒザ、エクスプロイダーを乱打。フィニッシュは関本に決めたリストクラッチ式エクスプロイダーだった。

コメントを残す