キャブスが連敗を「11」でストップ…セルティックスはプレーインへ(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

5月13日(現地時間12日)、クリーブランド・キャバリアーズはホームでボストン・セルティックスとの一戦に臨んだ。

渡邊雄太が『ESPN』の名物記者による今季NBAで戦い抜いたセレクトチームに選出

 11連敗でこの試合に臨んだキャブス。この試合はジャレット・アレンのジャンプショットで先制に成功するも、その後は相手のディフェンスに苦しみロースコアの展開となり、22-17で最初の12分間を終えた。続く第2クォーターも互いに得点が伸び悩みが続き、42-39で後半へ。

 第3クォーター開始直後、キャブスはセルティックスのグラント・ウィリアムズに3ポイントシュートを決められ同点とされると、その後はリードチェンジを繰り返す展開に持ち込まれる。最後はペイトン・プリチャードの3ポイントシュートでセルティックスに勝ち越され、67-69で第4クォーターへ。

 最後の12分間は、開始早々にキャブスがケビン・ラブの3ポイントシュートで勝ち越すと、ここから3連続で3ポイントシュートが決まり一気に8点差に。その後もラブやコリン・セクストンがスコアを伸ばしてセルティックスを寄せ付けず、最終スコア102-94で勝利したキャブスは連敗をストップさせた。敗れたセルティックスは4連敗でイースタンカンファレンスの7位以下が確定し、プレーイントーナメントに回ることになった。

 キャブスは、ラブがシーズンハイの30得点14リバウンドの活躍でチームをけん引すると、セクストンが28得点で続いた。一方のセルティックスはエースのジェイソン・テイタムがチームトップの29得点をマークするも他の選手が続かず。ジェイレン・ブラウンらの不在が響いた。

■試合結果
ボストン・セルティックス 94-102 クリーブランド・キャバリアーズ
BOS|17|22|30|25|=94
CLE|22|20|25|35|=102

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。