【バレー】岡山 居村ら選手6名の退団を発表(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

V1女子の岡山シーガルズは5月10日(月)、居村杏奈、高野由里加、森田夕貴、渡邊真恵、西村弥菜美、宮下マミが2020-21シーズン限りで退団すると発表した。

【写真】2020-21シーズンのVリーグ女子選手たちのフォトギャラリー

 居村と高野は2015年に入団。居村は高さを生かしたブロックで、高野は持ち味であるクイックを生かして活躍した。森田は2016年入団し、安定感のあるレシーブでチームに貢献した。渡邊は2017年に入団し、左利きを生かしたスパイクで得点を重ねた。西村は2018年に入団し、攻守ともにバランスの取れたプレーでチームを支えた。宮下は2019年にスウェーデンのスベダーラVBKから移籍し、2年間プレーした。

 なお、居村、高野、森田、渡邊、西村は現役引退とコメントで発表しており、宮下はVリーグの移籍公示リストで移籍希望と掲載されている。

※高野由里加の高ははしごだか

【退団選手】
居村杏奈(いむら・あんな)
ミドルブロッカー/身長178cm/1996年6月13日生まれ/愛媛県松山市出身/松山東雲高

■居村杏奈コメント
入団して6年間、皆さんに支えられ、皆さんの応援が力となりここまで頑張れたこと、とても感謝しています。そしてこのチームでかけがえのない仲間と共に戦えたこと、とても幸せで感謝の気持ちでいっぱいです。シーガルズのバレーや、シーガルズならではの地域の方々との交流、バレー教室を通じてプレーだけではなく、たくさんのことを学ぶことができました。これからは新しい道に進みますが、ここでも経験や学んだこと、感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきます。今まで本当にありがとうございました。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。