【ジロ・デ・イタリア2021 第1ステージ結果速報】個人TT世界王者フィリッポ・ガンナが2年連続初日勝利、マリア・ローザ獲得!(J SPORTS)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:J SPORTS

グランツール初戦、ジロ・デ・イタリア2021がイタリア王国の首都トリノで開幕を迎えた。第1ステージは8.6kmの個人タイムトライアル、イタリア出身のITT世界チャンピオン・フィリッポ・ガンナ(イネオス グレナディアーズ)の2年連続初日マリア・ローザ獲得に期待がかかる。

3番出走のヴィクトール・カンペナールツ(クベカ・アソス)が9分19秒のターゲットタイムを叩き出し、ジョナタン・カストロビエホ(イネオス グレナディアーズ)9分14秒、マティアス・ブレンドレ(イスラエル・スタートアップネイション)9分09秒とトップタイムが次々と更新されていく。

94番出走トビアス・フォス(ユンボ・ヴィスマ)がジャスト9分でホットシートへ、エドアルド・アッフィニが9分を割り、8分57秒でフィニッシュするとフォスはガッツポーズでチームメートを祝福した。

174番目に優勝候補筆頭のガンナが飛び出すと平均速度58.748km/h、アッフィニよりさらに10秒速い8分47秒、圧巻の強さを見せ初日の区間優勝を飾った。ガンナはマリア・ローザ、マリア・チクラミーノ、マリア・ビアンカと特別賞ジャージ3枚を手に入れた。

「久しぶりに個人タイムトライアルで勝利できた、とても嬉しい」ガンナ勝利後インタビュー

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。