<女子バスケ> 元日本代表の藤岡麻菜美、Wリーグ シャンソン化粧品で現役復帰。高校コーチとプレーヤー、異色の“デュアル・キャリア”を目指して(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:月刊バレーボール&月刊バスケットボール

本日5月6日、シャンソン化粧品シャンソンVマジックから藤岡麻菜美の入団が発表された。一昨季終了後の突然の引退から一転、今回の電撃復帰に腰を抜かしたバスケットファンも多いのではないだろうか? 藤岡は引退後に母校である千葉英和高でアシスタントコーチを務めているが、現役復帰後も高校での指導を継続する旨を明かしている。つまり選手と指導者という異色の“デュアルキャリア“だ。

<動画>「モーションオフェンスの導入」を藤田将弘氏が解説

 2019-20シーズンが新型コロナウイルスの影響で中止となったあと、藤岡は26歳にして現役引退を決意した。早すぎる引退だったが、改めてその理由を聞くと、彼女はこう説明した。
「引退を決めた最終的な理由はケガでした。いろいろなことが重なって、正直、本当にバスケットをやるのが嫌で『もう無理だ!』ってなって、選手としてワクワクしている自分がいなくなってしまったんです。それに、私はバスケットを教えることにも興味があって『楽しいな』と思っていたので、思い切って(選手としての環境から)飛び出して指導の道に進もうと考えました」

 女王JX-ENEOS(現ENEOS)に在籍していたことによる勝つことへのプレッシャー、自身への周囲からの期待、そしてケガ。そういった物事全てを受け入れるキャパシティが当時の藤岡にはなかった。
 そういたことを踏まえて現役を続けるか否かを考え抜いた末に引退を決断し、恩師である森村義和コーチが指導する母校・千葉英和高で外部コーチとして指導にあたることを決めた。
 高校生への指導は楽しいものだった。「高校生ってものすごく走るし、練習はキツくてつらいはずなのに、みんなめちゃくちゃ楽しそうにバスケットをやるんですよ。目がキラキラしているというか。その中で『バスケットってやっぱりこういうスポーツだよな』って思い直して、初心に戻ることができたんです」と藤岡。高校生の姿を見ているうちに、いつしかもう一度プレーしたいという気持ちが芽生えていた。選手とは違った立場でバスケットを見たことも大きかった。「選手たちが頑張っている姿がひたすらに格好良いと思えたんです。試合に出られるかどうかというのはもちろんありますけど、その舞台にいるだけで夢があるし格好良いなって。今の自分がもう一度選手に戻ったらどうなるんだろうなという思いもありました」。こんなことを考え始めたのが、指導にあたって約半年後、昨年末のことだ。
 とはいっても現役復帰を具体的に考えていたわけではない。「たまに遊びでバスケができたらいいなくらいの気持ちでした」と藤岡。ただ、そういうときにこそ自然と巡り合わせが生まれるものだ。「そう考えていた少し後くらいにWリーグのチームからお話をいただいたんです。漠然とまたバスケットがしたいと思っていたところに実際にオファーが来ると心も動きますよね。それで、顧問の先生と森村先生に正直に『やっぱりバスケットをやりたいです』って伝えたんですけど…」。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。