B2プレーオフが開幕! 仙台とFE名古屋がともに劇的展開で先勝を果たす(バスケットボールキング)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:バスケットボールキング

B2リーグ優勝、そしてB1リーグ昇格をかけた「B2 PLAYOFFS 2020-21」が5月7日に開幕した。

Bリーグが2021-22シーズンのクラブライセンス判定結果を発表

 ワイルドカード1位の仙台89ERSは西地区1位の西宮ストークスとクォーターファイナルで相対した。試合はダニエル・ミラーを中心に攻めた仙台が18-9で第1クォーターを終え、続く第2クォーターも39-34とリードを譲らず。

 第3クォーターはエリック・ジェイコブセンが9得点を挙げるなどして、仙台が58-48と2ケタリードを手にする。しかし、最後の10分間は西宮の猛追を受け、試合時間残り3秒でついに逆転されてしまう。それでも仙台は、最後の攻撃を託された渡辺翔太が試合時間残り1秒で3ポイントを沈め、再逆転に成功。最終スコア77-75と劇的な展開で西宮を破り、先勝を果たした。

 一方、西地区2位のファイティングイーグルス名古屋は東地区3位の越谷アルファーズと対戦。前半はアンドリュー・フィッツジェラルドを中心にスコアを伸ばすも、32-36と越谷に4点のリードを許すことに。

 後半に入ってもなかなか越谷の背中を捉えることができず、50ー55と点差を縮められないまま最終クォーターへ。しかし、最後の10分間はFE名古屋が怒涛の攻勢を仕掛ける。松山駿が3ポイントやフリースローを次々と沈めて一気に点差を詰めると、試合時間残り6分53秒に松山が再び3ポイントを沈めてついに逆転。

 その後はリードチェンジを繰り返す展開となるも、残り時間3分4秒に松山が決めたこのクォーター3本目の3ポイントをきっかけに流れがFE名古屋に傾き、最終スコア73-70で越谷に逆転勝利した。

■B2 PLAYOFFS 2020-21 QUARTERFINALS 5/7 試合結果
西宮ストークス 75-77 仙台89ERS(@西宮市立中央体育館)
西宮|9|25|14|27|=75
仙台|18|21|19|19|=77

ファイティングイーグルス名古屋 73-70 越谷アルファーズ(@名古屋市枇杷島スポーツセンター)
FE名古屋|16|16|18|23|=73
越 谷|20|16|19|15|=70

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。