【セCS】DeNAが今永リリーフ投入で日本S王手 広島は3点リード守れず(東スポWeb)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦は23日、マツダスタジアムで行われ、3位から勝ち上がったDeNAがリーグ覇者の広島に4―3と鮮やかな逆転勝ち。対戦成績を3勝2敗(アドバンテージ含む)として、日本シリーズ進出へ王手をかけた。

 広島は初回、DeNA先発・ウィーランドから丸が右翼へ先制2ラン。新井の右翼線への適時二塁打でさらに1点を追加した。

 しかし、DeNAは4回、筒香の左翼へのソロ本塁打でまず1点。5回には無死二、三塁から桑原の三塁線を破る2点二塁打で同点として広島先発・薮田をKOすると、2番手・九里からロペスが中前適時打を放って逆転に成功した。

 広島は6回、2四球と安打で無死満塁とするも、3番手・三上の前に岩本、小窪が連続三振。続く田中も4番手・エスコバーに二ゴロに打ち取られ、絶好機を逸した。

コメントを残す