有原航平、4回途中5失点で3戦連続のKO(スポーツ報知)

出典元:スポーツ報知

◆米大リーグ レンジャーズーマリナーズ(8日・アーリントン=グローブライフ・フィールド)

 右手中指のたこの治療のために5日の先発を回避していたレンジャーズの有原航平投手(28)が8日(日本時間9日)、本拠地のマリナーズ戦に4月30日レッドソックス戦以来8日ぶりのマウンドに立った。

 4月25日のホワイトソックス戦ではメジャー移籍後最短の2回で6安打5失点、続く30日のレッドソックス戦も4本塁打浴び3回途中6失点と2連敗中だったが、この日も立ち上がりからつまずいた。

 1回先頭のハニガー、続くルイスに連続安打されシーガー四球でいきなり満塁。4、5番の内野ゴロ2本でいきなり2点を先取された。

 2回は先頭ムーアが初球を三塁前のバント安打。続く8番ホワイトに初球のスライダーを左翼席へ2号2ランを運ばれた。

 3回こそ3者凡退に抑えたものの4回、再びムーア、ホワイトに連続二塁打で5失点目。2アウトから2番ルイスを歩かせたところで降板となった。有原は3回2/3、75球を投げ1本塁打含む6安打5失点、3奪三振、3四球。防御率は6・59となった。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。