【オークス】ソダシが坂路でラスト11秒9で1馬身先着 吉田隼人騎手「申し分ない」(スポーツ報知)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:スポーツ報知

桜花賞を制した白毛のソダシ(牝3歳、栗東・須貝尚介厩舎、父クロフネ)が無敗の牝馬2冠を狙うオークス・G1(5月23日、東京・芝2400メートル)の2週前追い切りを5月6日、滋賀県・栗東トレーニングセンターで行った。

【データで見る】ソダシの血統、戦績

 ロジクライ(8歳オープン)を相手にした併せ馬だったが、手応えに余裕を持たせつつ、力強い脚いろで53秒4―11秒9をマーク。1馬身先着した。騎乗した吉田隼人騎手(37)=美浦・フリー=は「動きは申し分ない。なるべく今の感じでペースを上げていければ」と好感触を口にする。

 桜花賞も在厩で調整を続けており、中間はCWコースにも入れるなど入念な調整を行っている。「リフレッシュさせながら、負荷をかけているメニューについてきている。すごいと思う。さすがだな、というところを見せている」と須貝尚介調教師も満足そうにうなずいた。無敗の牝馬2冠へ、万全の態勢を整えていく。

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。